« Intel SSD 510 SERIESのSSDSC2MH120A2K5をSATA2で使う | トップページ | 羅釜の湧水 »

2011年3月10日 (木)

Windows7をサーバとして使用する場合の設定変更項目

Windows7をネットワークのサーバとして設置したので、その設定変更について記述する。

Windows7をサーバとして使用するために以下の設定変更を実施した。
・スリープ状態にならないようにする
・バックグランドの優先設定
・Windows7によるミラーの追加

Windows7をインストールした状態でコンピュターを操作しないとスリープ状態になる。
スリープ状態になるとクライアントからアクセスできなくなりサーバとして使用するのに都合が悪い。このためスリープ状態にならないように設定を変更する。
また、サーバー専用として使用する場合バックグランドの優先順位を上げたほうがクライアント
からのアクセスのパフォーマンスは上がる(はず)。

設定変更の操作手順
*コントロールパネルの[表示方法:]は[大きい/小さいアイコン]を選択している

・スリープ状態にならないようにする
 新しい電源プランを作成しその設定を変更する。
 [電源オプション][電源プランの作成]
 [バランス]を選択し[プラン名:]入力[次へ]
 [コンピュータのスリープ状態にする:]は[なし]を選択し[作成]
 (*必要ならハードディスクの節電関係も変更する)

・バックグランド優先設定
 [コンピュータ][プロパティ][システムの詳細]
 [詳細]タブ[パフォーマンス]の[設定]ボタン
 [詳細設定]タブ
 [プロセッサのスケジュール]で[バックグランドサービス]チェック

・Windows7によるミラーの追加
BOISやRAIDカードによるドライブのRAID構成ではなく、Windows7のパーティションによりソフトウェアRAIDにより構成した。

1Tのドライブを用意し次のようにパーティションを作成した。Windows7のインストールドライブとして100GBを指定した。100MBのシステムは勝手に作成される。
 100MB システム(ドライブ割当なし)
 100.00GB C:ドライブ
 831.41GB F:ドライブ(Windows7インストール後手動で作成)

システムパティションのミラー化手順
[コンピュータ]右クリック[管理]選択
[ディスクの管理]クリック
ディスク0のシステムパーティション(100MB)を右クリック[ミラーの追加]選択
[ディスク1]選択し[ミラーの追加]ボタンクリック
同様にしてC:ドライブ、F:ドライブをラー化する

*1TのHDDと1.5TのHDDでミラーを作成しようとしたが拒否されミラーに出来なかった。しょうがないので同一型番のHDDを購入しミラーを作成した。

補足:

ミラーの削除と解除
ミラーを解消し通常のパーテーションに戻すには「削除」と「解除」方法に次の2つの方法がある。
ミラーの削除:ミラーされているボリュームを削除し1つのパーティション(1つのドライブにみに残る)に戻す
ミラーボリュームの解除:ミラーされている関係を解除し2つのパーティションに戻す(2つのドライブのそれぞれのデータが残る)
ボリュームの削除:パーティションが削除され領域が開放される(データは残らない)
システムパーティションとシステムドライブパーティションはミラーボリュームの解除は選べないためミラーの削除しか出来ない。

ベーシックディスクとダイナミックディスク
RAID構成にするとダイナミックディスクに変更される。ダイナミックディスクに変更するとブートできなくなるというようなメッセージがでるが書いてある内容をいまひとつ理解できない。ブートできるのでそのまま使う分には問題はないと思う。
ミラーボリューウムの解除により残されたパーティションなどがあるとベーシックにもどせない。全パーティションを削除するとベーシックドライブに戻っている。
ダイナミックディスクの管理テーブルはドライブの最後の方にあるらし。ベーシックディスクの管理領域はドライブの一番最初のセクタの最後の方にある(昔はこれを直接書き換えて遊んでいた!)

« Intel SSD 510 SERIESのSSDSC2MH120A2K5をSATA2で使う | トップページ | 羅釜の湧水 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/51082600

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7をサーバとして使用する場合の設定変更項目:

« Intel SSD 510 SERIESのSSDSC2MH120A2K5をSATA2で使う | トップページ | 羅釜の湧水 »