« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

Arduino(Atmega328P)とシリアルインターフェースピンの対応表

Arduino(Atmega328P)とシリアルインターフェースピンの対応表

各インターフェースを使う場合、間違って使用できないCPUのピンを使わないようにするため一覧表を作成した。

Atmega328pPinArduinoPinFTDIICSPI2C
1 RESET DTR*1 RESET
2 0 RXD
3 1 TXD
4 2
5 3
6 4
7 VCC VCC VCC VCC
8 GND GND GND GND
9
10
11 5
12 6
13 7
14 8
15 9
16 10
17 11 MOSI
18 12 MISO
19 13 SCK
20 VCC VCC VCC VCC
21 VREF
22 GND GND GND GND
23 A0
24 A1
25 A2
26 A3
27 A4 SDA
28 A5 SCL

*1:FTDIのDTRピンは0.1μFを介してCPUのRESETに接続されている。

2015年5月20日 (水)

Arduino NANOを使ったブートローダーの書き込み

Arduino NANOを使ったブートローダーの書き込み
*ATmega328Pを接続したままArduino Nanoに「ArduinoISPを書き込もうとしてうまくいかなかった。

手順
1.「ツール」「スケッチの例」から「ArduinoISP」を読み込む
2.Arduino NANOをPCに接続し
    「ツール」「ボード」->Arduino Nano
    「ツール」「プロセッサ」->ATmega328
    「ツール」「ポート」->Arduino NANOの接続COMポート
3.Arduino NANOに「ArduinoISP」を書き込み
    「ファイル」「マイコンボードに書き込む」
4.一度Arduino NANOをPCから外して、以下接続
    ATMEGA328P-PU  Arduino NANO
         (1)RESET  D10
         (17)MISI  D11
         (18)MISO  D12
          (19)SCK  D13
    Arduino NANOのRESET・GNDに10uF
    ATMEGA328P-PUのRESETを10kでプルアップ
    クリスタル・22p・22pを接続
5.Arduino NANOをPCに接続し、以下設定・書き込み
    「ツール」「書込装置」->Arduino as ISP」
    「ツール」「ブートローダーを書き込む」

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »