« ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? | トップページ | ESP8266のArduinoでADC_MODEが無い »

2015年7月 5日 (日)

ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる

ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる
機能確認のために作成したWebアプリケーションで勝手にアクセスポイントが有効になる場合がある。
いろいろ調べてゆくとArduion IDEで選択するボードによりアクセスポイントが有効になることが判った。この場合のアクセスポイントはセキュリティ無しなので注意。
「ツール」「ボード:」で表示されるESP8266関係のボード

   
IDE選択表示AP動作
ESP8266 Module IDEでグレーアウトで選択できない
Generic ESP8266 Module APは無効
Olimex MOD-WIFI-ESP8266(-DEV) APが有効になり(192.168.4.1)HTTPで接続できる
NodeMCU(ESP8266 ESP-12 Module) APが有効になり(192.168.4.1)HTTPで接続できる

« ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? | トップページ | ESP8266のArduinoでADC_MODEが無い »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61838642

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる:

« ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? | トップページ | ESP8266のArduinoでADC_MODEが無い »