« ESP8266でAjax つづき | トップページ | ESP8266のHelloServerちょろ変えでTOUTピンデータ表示 »

2015年7月16日 (木)

ESP8266でAjax(SDWebServerで削除)

ESP8266でAjax(SDWebServerで削除)

スケッチの例にあるSDWebServerのeditで削除をテスト
ファイルまたはフォルダ(再帰的に削除されるよう)を削除するhtmを書いてみた。
先日のAjaxのテストコードでコマンド行のみ変更です(ボタンやメッセージも変えてはあります)。
重要なのは
  xmlhttp.open("GET","ajaxinfo.txt",true);

  xmlhttp.open("DELETE","edit?dir=/XXX.CSS",true);
に変えます。

dir=/XXX.CSSの=の右を変えることにより削除するファイル・フォルダを変えられます。

<html>
<head>

<script type="text/javascript">
function loadDoc() {
  if (window.XMLHttpRequest) {
    xmlhttp=new XMLHttpRequest();
  } else {
    xmlhttp=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
  }
  xmlhttp.onreadystatechange=function() {
    if (xmlhttp.readyState==4 && xmlhttp.status==200) {
      document.getElementById("ajaxDiv").innerHTML=xmlhttp.responseText;
    }
  }
  xmlhttp.open("DELETE","edit?dir=/XXX.CSS",true);
  xmlhttp.send();
}
</script>

</head>
<body>

<p>
<div id="ajaxDiv"><h2>ここにajaxで実行した結果が表示されます</h2></div>
<button type="button" onclick="loadDoc()">ajaxで削除</button>
</p>

</body>
</html>

« ESP8266でAjax つづき | トップページ | ESP8266のHelloServerちょろ変えでTOUTピンデータ表示 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61896039

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266でAjax(SDWebServerで削除):

« ESP8266でAjax つづき | トップページ | ESP8266のHelloServerちょろ変えでTOUTピンデータ表示 »