« ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト | トップページ | ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる »

2015年7月 4日 (土)

ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは?

ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは?

Aruduino UNOのvalue値は0~255までです。
ESP8266をいろいろ調べているときanalogWriteは0~1023までと書いてあったような。
そして内蔵タイマーの都合で使用できるのは1ポートまでと。

で以下のようなArduinoスケッチを作成し実行。

const int port = 13;

void setup() {
  pinMode(port, OUTPUT);
}

void loop() {
  for (int i = 0; i < 4096; ++i) {
    analogWrite(port, i);
    delay(10);
  }
  analogWrite(port, 0);
  delay(3000);
}

すると4回ゆっくり明るくなりました。
そして、"const int port = 4;"で実行しても同じように動きます。
2つのポートで使えるじゃん!
と書いてる時同時に使える?と疑問になり次のように変更

const int port4 = 4;
const int port13 = 13;
void setup() {
  pinMode(port4, OUTPUT);
  pinMode(port13, OUTPUT);
}
void loop() {
  //  int adcin = analogRead(A0);
  for (int i = 0; i < 4096; ++i) {
    analogWrite(port4, i);
    analogWrite(port13, 4096-i);
    delay(10);
  }
  analogWrite(port4, 0);
  analogWrite(port13, 0);
  delay(3000);
}

明るくなって行くGPIO4と暗くなってゆくGPIO13が確認出来ました。

判ったこと
analogWrite(pin, value) のvalue値は0~1023
analogWrite(pin, value) はGPIO4とGPIO13同時に使える

« ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト | トップページ | ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61835936

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは?:

« ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト | トップページ | ESP8266でアクセスポイント機能が勝手に有効になる »