« ESP8266搭載 WiFi-UARTモジュール(技適取得済み)購入 | トップページ | ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト »

2015年7月 3日 (金)

ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定

ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定

以下のようにESP8266EXとFT232を接続する。
FT232のVCCIOに3.3V接続すると出力が3.3Vになる。

PinResistorSerial Adapter
VCC VCC(3.3V)
GND GND
TX RX
RX TX
GPIO0 PullUp DTR
Reset PullUp RTS*
GPIO15 PullDown
CE PullUp

*RTSはFTDI232のUSBシリアル変換基板なのどの8Pinには出ていない(FT232RLの3番ピン)。

Arduinoにボードマネージャをインストールする。
1.Arduinoを起動する
2.「ファイル」「環境設定」「Additional Borards Manager URLs」に"http://arduino.esp8266.com/package_esp8266com_index.json"入力し「OK」
3.「ツール」「ボード」「Board Manager...」を開き「esp8266 by ESP8266 Community Version 1.6.4-673-g8cd3697」(の枠内)をクリックすると「Install」ボタンが出るのでクリック
4.「ツール」「ボード」「Generic ESP8266 Module"選択
5.「ツール」「CPU Frequency」「80MHz」選択(で良いと思う)
6.「ツール」「Upload Speed」「115200」選択
7.「ツール」「ボート」は接続されているポート「COM5」など

以上で設定完了。

GPIO13にLEDを接続し(8ピンタイプのでは付いているのかな?)
「ファイル」「スケッチの例」「01.Basics」「Blink」を開き
「ファイル」「マイコンボードに書き込む」とコンパイル・書き込み後LEDが点滅する。

このとき「シリアルモニタ」を起動してはいけない。
「シリアルモニタ」は「Reset-DTR]」と「GPIO0-DT」を切り離した(PullUp抵抗はESP8266に付けたまま)後に起動する。
これではまりました。

「ファイル」「スケッチの例」「ESP8266WebServer」「HelloServer」を開き
「ファイル」「マイコンボードに書き込む」
スケッチの6・7行目のssidとpasswordにWiFi接続(自宅のWiFiルータなど)のidとパスワードに変更する。

WebブラウザからESP8266のIPアドレスに接続するとブラウザに「Hello from esp8266!」と表示さえる。

ここでIPアドレスを確認するためにシリアルモニタを起動するとESP8266が止まってしまう。ResetとGPIO0を切り離してからシリアルモニタを起動すると初期化時にIPアドレスを表示する。すでに初期化が終わっていたらResetをGNDに接続しリセットする(ボタンを付けておくとよい)。

*最初上手く動作しなかったけどReset・GPIO0の切り離しを行うと上手くいく。途中で切り離してテストしたような気もするけど、またもや少し納得がいかない。

« ESP8266搭載 WiFi-UARTモジュール(技適取得済み)購入 | トップページ | ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61831095

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定:

« ESP8266搭載 WiFi-UARTモジュール(技適取得済み)購入 | トップページ | ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト »