« ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定 | トップページ | ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? »

2015年7月 3日 (金)

ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト

ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト。

名称が「TOUT」ですが機能は入力ピンです。

GitHubのesp8266 / Arduinoによると ESP.getVcc() により 電源電圧を測定するようです。これを使うには初期化時に ADC_MODE(ADC_VCC); を実行する。
ノートにデフォルトADCは、analogRead(A0)を使ってTOUTピンから読むために設定されて、ESP.getVCC()はavailablesではない。

とあったので analogRead(A0) を使ってみた。

Arduino IDEで以下のように入力し実行します。

void setup() {
  pinMode(13,OUTPUT);
}
void loop() {
  int adcin = analogRead(A0);
  analogWrite(13,adcin);
}

これでTOUTピンに0から1ボルトの電圧をかけるとLEDの明るさが変わります。

« ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定 | トップページ | ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61832147

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266のTOUTピンの機能調査とテスト:

« ESP8266をArduion IDEで開発するための接続・設定 | トップページ | ESP8266のanalogWriteのvalue値のMAXは? »