« ESP8266のTOUTピンの電圧をちゃんと測定する方法 | トップページ | ESP8266 でアクセスポイント機能を無効にする »

2015年7月20日 (月)

ESP8266のTOUTピンの入力電圧とADC値

昨日TOUTの電圧測定にArduinoスケッチから直接システムらしきファンクションを呼び出す方法を書いた。その方法で電圧測定すると誤差があるように感じたので.1ボルトステップで測定してみた。

入力電圧計算値DAC値誤差
0 0 0 0
0.1006 103 95 -8.44%
0.2007 205 203 -1.24%
0.3012 308 307 -0.46%
0.398 407 410 0.59%
0.502 514 517 0.57%
0.601 615 618 0.41%
0.701 717 724 0.85%
0.798 817 826 1.07%
0.902 923 935 1.21%
0.992 1015 1023 0.70%
0.994 1017 1024 0.60%
  1. 入力電圧はマルチメータによる値
  2. 計算値は1Vが1024として計算した値
  3. DAC値はsystem_get_vdd33()の戻り値
  4. 誤差は(計算値-DAC値)/計算値のパーセント(100倍)

ちょっと誤差が多すぎですね。Arduinoでサポートしていないのはこの辺もあるのかなあ?

 

« ESP8266のTOUTピンの電圧をちゃんと測定する方法 | トップページ | ESP8266 でアクセスポイント機能を無効にする »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/61913623

この記事へのトラックバック一覧です: ESP8266のTOUTピンの入力電圧とADC値:

« ESP8266のTOUTピンの電圧をちゃんと測定する方法 | トップページ | ESP8266 でアクセスポイント機能を無効にする »