« Arduino の ESP8266をwebサーバーで/ と /index.html で同じ処理をする。 | トップページ | Arduino の ESP8266をwebサーバーで定義以外のファイルが指定され場合の処理 »

2015年8月 7日 (金)

Arduino の ESP8266をwebサーバーでip address を固定する

Arduino の ESP8266をwebサーバーでip address を固定する

ほとんどの場合dhcpでIPアドレスを取得しても同じアドレスが取得できます。しかし、ルータを再起動した後には新しいIPアドレスになる場合があります。

IPアドレスを固定できると便利です。

アクセスポイントに接続した後次のコードを追加します。

  WiFi.config(IPAddress(192, 168, 0, 99), WiFi.gatewayIP(), WiFi.subnetMask());

全ソースコードは以下の通りです。

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <ESP8266WebServer.h>

ESP8266WebServer server(80);

void onRoot() {
  String msg = "<html><head><title>ESP8266WebSerber</title></head><body><h1>Hello</h1></body></html>";
  server.send(200,"text/html",msg);
}
void setup() {
  Serial.begin(115200);
  delay(100);
  Serial.println("");

  pinMode(5, OUTPUT);  // オリジナルは13だがテスト環境の都合で5に変えてある。
  WiFi.mode(WIFI_STA);
  WiFi.begin("ssid","password");
  while(WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }

  WiFi.config(IPAddress(192, 168, 0, 99), WiFi.gatewayIP(), WiFi.subnetMask());

  Serial.println("");
  Serial.print(WiFi.localIP());

  server.on("/",onRoot);
  server.on("/index.htm",onRoot);
  server.on("/index.html",onRoot);
  server.begin();
}

void loop() {
  server.handleClient();
}

« Arduino の ESP8266をwebサーバーで/ と /index.html で同じ処理をする。 | トップページ | Arduino の ESP8266をwebサーバーで定義以外のファイルが指定され場合の処理 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/62024000

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino の ESP8266をwebサーバーでip address を固定する:

« Arduino の ESP8266をwebサーバーで/ と /index.html で同じ処理をする。 | トップページ | Arduino の ESP8266をwebサーバーで定義以外のファイルが指定され場合の処理 »