« ESP8266のアナログ入力とVCCの電圧測定方法 | トップページ | SPIFFS 用のFTPサーバーをSD対応に変更 »

2016年10月25日 (火)

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード) 購入

スイッチサイエンスさんの以下の基板を購入しました。

この基板はESP8266とUSBシリアル変換のFT231がのっていてATMEGA CPUのARDUINOと同じようにソフトウェアの開発に使う事ができます。
ARDUINO IDEからプログラムを書き込むときESP8266はA0端子をLOWにしてリセットする必要がありますが、この基板ではFT231のDTRとRTSからA0を制御し自動で書き込み出来るようになっています。
ARDUINO IDEは1.6.5にボートマネージャ"esp8266byESP8266 Community version 1.6.5-947-g39819f0"をインストールして使用しています。

« ESP8266のアナログ入力とVCCの電圧測定方法 | トップページ | SPIFFS 用のFTPサーバーをSD対応に変更 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569662/64398282

この記事へのトラックバック一覧です: ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード) 購入:

« ESP8266のアナログ入力とVCCの電圧測定方法 | トップページ | SPIFFS 用のFTPサーバーをSD対応に変更 »